入れ歯安定剤とは 

入れ歯が痛くなったり、ゆるくなったりしたとき、すぐには歯科医で入れ歯を調整することが難しい場合があります。そういった時に応急処置的に使うのが、入れ歯安定剤です。


しかし、入れ歯安定剤を使うのは単なる対症療法にすぎません。入れ歯が合わないとき、たいていの場合は何かしらの原因があります。その原因を調べて解消することが本来の治療や調整であるといえます。入れ歯安定剤は、正しい使い方をすれば入れ歯安定の補助として有効だと思います。ですが、長期間使い続けたり、歯科医に内緒で使用していたりすると、治療に悪影響を及ぼしかねないそうです。ただし、入れ歯安定剤の物質的な成分が、体に悪い影響があるわけではありません。口の中で繰り返し使用しても問題ない安全性は確保されていると考えて大丈夫でしょう。


問題は、入れ歯安定剤の使用によってかみ合わせに変化が生じることだといわれています。特に、入れ歯とあごの粘膜の間で緩衝材のような役目を果たすタイプは、あごの骨がやせてしまい、かみ合わせのトラブルを起こしやすいといわれています。そのため、積極的に入れ歯安定剤の使用を促す歯科医師はほとんどいないそうです。


また、入れ歯安定剤は汚れがつきやすいというデメリットが指摘されることもあります。汚れを放置しておくと、口の粘膜の病気になるおそれがあると考えている専門家もいるそうです。だからと言って使用してはいけないということではなく、歯科医師と相談しながら使っていくと良いでしょう。