インプラント手術後の様子

インプラントの手術は、歯ぐきを切ったり、ドリルで骨に穴をあけたり、インプラントをねじ込むんだりと、痛そうなイメージが有ると思います。しかし、実際の手術は局所麻酔をするため、ほとんど痛みを感じることはありません。一般的な歯科医療とあまりかわらないと言ってもいいかもしれません。

しかし、局所麻酔ですので意識は残ります。そのため、骨を削る音やインプラントを骨に埋め込む音などに恐怖を覚えることは少なからずあるでしょう。どうしても音に耐えきれないのであれば、リラックスした状態になる静脈内鎮静法というものを併用することもできるそうです。

また、手術後に痛みを感じることも少ないといいます。局所麻酔が切れた時に痛みを感じることがあるため、術後には鎮痛剤を服用することになりますが、その後は特に鎮痛剤を必要としない患者が多いようです。腫れや出血がひどくなるようなケースもまれで、通常のインプラント手術の場合は手術をした日から普段通りの生活ができる可能性も高いです。食事に関して言うと、術後3時間くらいたてば、インプラント箇所を避けながら食事をすることができるそうです。

手術後に最も気をつけるのは、うがいなどをする時です。手術をした場所には血のかたまり(かさぶた)ができて骨を覆い、傷口の治りや骨の再生を促進するため、うがいをするときは傷を刺激しないようしましょう。口の中に水が入りやすい水泳なども避けたほうが良いと思います。