インプラントの生着率

手術後、インプラントが骨にくっついて問題なく機能する「生着率」は、およそ9割以上といわれています。手術してからそれほど時間が経たないうちにインプラントが脱落する原因として、骨に穴を聞けるときにドリルの摩擦熱で組織を傷つけてしまったことや、感染などが挙げられると思います。しかし、これらは頻繁に起こるようなものではなく、歯科医師が注意していればほとんど心配いりません。経験豊富な歯科医師による手術であれば、限りなくゼロに近いと言っても良いでしょう。

歯科医院には術後の生着率をホームページに載せていることがありますが、この数字はあくまで自己申告であると考えておいたほうがよさそうです。人工歯をつけた後、しばらくしてから脱落した場合は、手術以外に原因があるかもしれません。噛む力が強すぎて人工歯に過度の負担がかかっていたり、日常的な手入れが足りなかったためにインプラント周囲の骨が細り、支えられなくなったりといったことが推測されます。違和感があれば歯科医師に相談するのが最良の判断だと思います。

インプラントを入れた後、歯がグラグラしている場合や痛がある場合は、生着していないことが考えられます。この場合、埋めたインプラントを一度除去する必要がでてくるでしょう。そのうち良くなるかもしれないと思って様子を見るのではなく、異常を感じたらなるべく早く歯科医師に相談することが大切です。この場合、費用が心配になるかと思いますが、インプラントが生着しなかったケースでは、歯科医院の負担で入れ直しできることが多いようです。