インプラントの治療方法

歯が破損したり抜けてしまったりした場合、見た目が悪くなるのは言うまでもありませんが、うまく物を噛んだり、話したりすることができなくなることもあるといいます。抜けた歯が一本だけだったとしても、残った隣の歯が傾いて噛み合わせ全体に支障が出て来ることも少なくありません。

失った歯を補う治療としては、入れ歯や、両脇の歯を支柱にして人工の歯をかぶせるブリッジなどが代表的ですが、ここ最近はインプラント治療をする人も増えているそうです。インプラント治療は、歯が抜けてしまった部分のあごの骨に金属でつくった人工歯根(インプラント)を入れて、その上から人工歯を取り付ける治療法です。

インプラントの場合、もとの歯と同じように根があるため、入れ歯のような違和感が少ないようです。また、しっかりと力を入れて噛むことが出来るというメリットもあります。さらに、取り外しをするような手間がなく、見た目もほとんど自分の歯と同じです。ブリッジのように、健康な隣の歯を削る必要がないところもポイントといえます。ただし、インプラントはあごの骨の中に埋め込まなければならないため、通常2回の外科手術を行わなければなりません。

最近は1回の手術で済む方法もありますが、あごの骨の状態やインプラントを埋め込む位置といった一定の条件をクリアしなければならないようです。ただ、手術といってもそこまで大がかりなものではなく、局所麻酔を使って1時間ほどで終わります。