さまざまなインプラント

通常のインプラントは、三つの部分で構成されています。一つ目があごの中に埋め込む「フィクスチャー(歯根部)」。二つ目は歯ぐきから出ている「上部構造(人工歯)。三つ目はフィクスチャーと人工歯をつなげる「アパットメン卜(支台部)です。

多くのフィクスチャーは、骨としっかり結合させるためにチタンでできています。中にはチタンをベースにした合金などもあるそうです。形状は板のような平たいものや、スクリューを備えた棒状のものが一般的だと思います。さまざまな直径や長さのものがあり、骨と結合しやすくするための工夫を加えてあるもの、アパットメントと一体化しているものなど仕様にも多くの種類があるといいます。

現在、膨大な種類のインプラントがありますが、専門家によるとそのすべてがしっかりとした研究と臨床結果に裏付けられたものではないそうです。歯科医院によって使っているインプラントは異なりますが、インプラントのことをよく知らない患者にはどのインプラントがいいかはわからないと思います。したがって、信頼できる歯科医を見つけることが大切なことだと考えられるでしょう。

また、インプラントの手術後には、どのメーカーのインプラントを使用したのか歯科医師に聞いておくと、インプラントが壊れた時などに別の歯科医院に行っても比較的再治療がスムーズにできると予想されます。

外から見える人工歯(上部構造)も、一種類だけではありません。オールセラミックのものやプラスチックとセラミックの混合物などは歯の色に近い白色をしています。