インプラントのメリット

ある歯科医は、海外でインプラント治療について勉強し、日本でインプラント治療を行っています。彼はもともと、入れ歯の治療を専門にしていたそうです。

彼がインプラント治療に目を向けたきっかけは、患者の言葉だったといいます。頑張っていい入れ歯を完成させたとしても、患者からは入れ歯の使い心地はこのくらいなのかと言われたこともあり、入れ歯治療の限界を感じたと明かします。

現在の入れ歯の質は当時より向上していますが、患者の中にはガタついて満足に噛めないという人や、食べ物が挟まって痛みを感じる人、味覚が落ちた気がするというような不満を訴える人も少なくないそうです。感覚的なものだけでなく、部分入れ歯の金具が外から見えてしまうことや、入れ歯を使っていることがわかってしまうことを気にする人もいると思います。

それに対して、インプラントは骨に固定されるため、見た目の違和感はほとんどないと言っていいでしょう。そして、自分の歯と同じように使うことができるため、入れ歯を使っている時に感じる不満を解消することも可能だと思います。さらに、他の歯を傷つけることなく治療できるのも、インプラントの優れている点です。ブリッジのために両脇の健康な歯を大きく削ることを避けられます。一番奥の歯はブリッジをすることができませんが、インプラントなら対応できるという点でも優秀です。

インプラント治療は、入れ歯やブリッジといった従来の治療で満足できない人や対応できない人のための方法と言ってもいいかもしれません。